}

介護士の給料は安い!?絶対知っておきたいデメリットとその解決法

介護士の給料は安い!?絶対知っておきたいデメリットとその解決法

介護の仕事をしようと思っている30代の人


介護の仕事って意外と人気だし

無資格でも働けるから就職しやすいな!

しかも割と給料が良い!

でも、ずっと続けていけるのかな?


この記事を書いている僕は業界歴10年の29歳。
現場から管理職・経営まで幅広く経験しました。

先に結論からお話します。

 
きり
介護士の将来って実は
そんなに明るくありません


介護業界ならいくつになっても

基本的には無資格・未経験で
常勤雇用してもらうことができます。

コロナで世界中が不況になっても
ほとんど関係ありませんでした。

そして、世間のイメージとは逆に
介護業界の給料は結構高いです。

介護福祉士を取れば年収350万くらいなら
全くのド素人でも約3年でいけます。

ただし!
何事にもデメリットがあるのは事実。

これを知らないとあなたの人生は
取り返しのつかない事になるかも…

今日は介護の道を選んだ人が後悔しないための
とっておきの情報をお伝えします。

介護士の本当に考えるべきデメリットとは!?

給料がほとんど増えない

年齢とともに仕事が辛くなる

転職が難しくなる


結構、「介護 ◯◯」で調べると
色んな情報が出てくるんですけど

正直、キレイ事が多いですよね。

大半が「介護の仕事は素晴らしい!」
って感じの記事ばっかり。

 
きり
そもそも、この人
介護の仕事
したことあるのか?


という感じのライターさんも
少なからずいらっしゃいます。

確かに、介護の仕事は
よっぽどのところに入らない限り

給料や働く条件などは
そこまで悪くないのは事実です。

しかし、将来性を考えると
ずっと続けていける仕事ではない。

というのが個人的な意見。
その理由を説明していきます。

給料がほとんど増えない



収入が少ないと言われる介護職ですが
実はそれらを補うための施策が多い!

1.未経験・学歴問わず就職可能

2.介護職というだけで給料アップの対象

3.資格取得への支援が幅広い

人材不足が最大の問題なので
今でも国を挙げて様々な対応がされています。

ただ、問題は一定に達した後は
ほとんど収入が変わらないという事。

 
きり
資格を取る以外は
ほとんど昇給なしです(泣)


基本的に公務員に準ずる施設以外は
三桁程度の昇給だと思われます。

収入の上がり方については
コチラで詳しく解説しています。

介護士の未来は!?

【失敗談】介護福祉士が結婚したら考えるべきお金の話 結婚を考えている介護福祉士 介護福祉士しか資格無いけど結婚しても大丈夫かな?家族を養っていけるんだろうか?ずっと続けていける仕事なのかな? こ[…]


良くも悪くも介護福祉士がピークですね。
その後のことを考えておかないとですね。

年齢とともに仕事が辛くなる



最近では設備も良くなり
身体的な負担は少なくなりました。

とはいえ
やはり人の生活をサポートする仕事。

一日の大半は体を動かすことになります。


 
きり
3日以上の連勤とか
マジで辛い…泣きそうになる。


特に夜勤明けなんかは疲労困憊

ちなみに僕は20才の時に
体調を崩して辞めました。

転職が難しくなる



個人的にはこの要素が一番デカいです。
介護業界で働いてると年齢感覚がマヒしてきます。

僕は18歳から10年この業界にいるのですが
30歳手前の今でも年齢的には若手。

介護業界の平均年齢は38.7歳
訪問介護になると48.3歳

 
きり
どこに行っても
若さだけでなぜか称賛されます。


しかし、一般の優良企業の場合
年齢制限は30〜35歳。

ちなみに僕が転職を考えたときは
4社くらい書類選考で落ちました。

そう。自分が知らない間に
介護業界以外への可能性が無くなってるんです。

人間関係の良い施設にいると
現状に満足して

収入<人間関係

みたいになって居心地の良さに
行動できず取り返しがつかなくなります。

まあ、自分の人生なんで
何を優先するかは自由なんですがね。

介護士のデメリットを解決する方法


さて、介護職のデメリットについて
その解決策をお伝えしていきます。

結論、介護職は副業と考えて
自己投資出来る環境を追い求めましょう。

そのためには他の職場の
情報を絶えず仕入れることです。

1.休みを最優先に職場を選ぶ

2.時間は将来へ投資する

3.環境は積極的に変えていく!

 

 
介護士
介護業界なんて
どこも一緒でしょ!?
 
きり
その気持ち分かります。
でも人生だいぶ
損してますよ!


給料、年間休日、仕事内容

これらは働く場所によって
全くと言って良いほど違います。

月に20万円以上の手取り

週に2日以上の休み。連休OK!

残業はほとんど0

肉体的な疲労はほとんど無し!

じゃあ、どうすればそんな所で
働くことが出来るのか?

順番に解説していきます。

休みを最優先に職場を選ぶ


さて、休みの基準についてですね。
いろんなところがあって悩むと思います。

何を基準に選べばよいのか?
ハッキリ言って皆さん間違いすぎです。

 
きり
月の休みが1日でも
多い所にするべし!以上。


詳細の理由については後述しますが

月に3万円以内の差なら
圧倒的に休みを優先した方が良いです。

なぜなら

休みが多い=人が多い

人が多い=入ったあとも休みやすい


という優良企業の可能性が高い。

具体的なポイントは?


・年間休日105日以上

・有給日数多い(もしくは付与が早い)

・残業が無い(要確認)

・組織全体の規模が大きい


給料が高いところは基本的に
コレの反対であることが多いです。

長く、そしてより良い給料を求めるなら
毎月手に入る目先の金は捨てましょう。

あと、給料以外の条件が良いところは
人に投資している所が多いので

今後の給料UPや
福利厚生の充実が期待できます。

時間は将来へ全力投資する



管理職、経営まで携わってきた僕ですが
10年間やってきてハッキリ言えることがあります。

 
きり
介護業界で会社や施設へ
時間を投資する価値はほぼ無い
です。


なぜなら、施設の収益は
その規模によって限界が決まっており

個人の努力がその売り上げに
貢献する事は極端に少ないので

どれだけ頑張っても
個人単位の評価(給料)には繋がりにくい。

つまり、出世しても頑張っても
「良いお兄さん、お姉さん」で終わりです。

介護職に求めるのは安定のみ!


将来のためにすることは自己投資です。

夜勤もしっかり仮眠ができるところなら
入りと明けも活用できます。

しばらくの間は辛いですが
労働から開放されるために頑張りましょう。

そこで疑問になるのが
「何に自己投資をするのか?」

確実なところだと
やっぱりプログラミングですね。

変にネットビジネスへ手を出すより
手に職付けた方が確実に将来性があります。

自由に仕事がしたいと考えるなら
挑戦してみる価値はあると思います。

一週間だけ無料レッスンを
 受けてみたい方は
コチラ!

ちなみに僕はブログにコミットしました!

資格を取ったら積極的に転職




介護職のデメリットはひっくり返すと
そのままメリットになります。

収入が増えない代わりに安定している

・資格の取得が比較的安易

・介護福祉士になれば仕事に困らない


特に介護福祉士を取ってしまえば
正直もう仕事には困りません。

30代は次期リーダー候補として
積極的に採用されることが多いです。

より最適な条件を求めて転職するのが
一番の近道なのですが

ここで一つ問題が。

 
介護士
そんな案件
どこにあるんだよ!!



正直言って普通の求人では
そんな良い案件なんて無いですよね。

 
きり
そこで使いたいのが
転職サイトとエージェント!


どうして周りの人は
あんなに良い条件で働いているのか?

給料の交渉なんて
どうやってしているのか?

自分がダメだから?

そんな悩みを一発で解決します。
下の記事からどうぞ。

最高の条件で働きたいなら!

【介護】転職サイトとエージェントの違いは!?元人事担当が徹底解説 もう限界。今の職場辞めたい... 転職をしたいんだけど 介護のエージェントとサイトって何が違うんだろう?どっちを使えば良いのかな? こんにちわ!きりです。「職場の給[…]


介護士の給料が安いのは前提で考える



いかがでしたか?

介護職を基盤に様々な事へ挑戦する
スタンスが最も可能性が広がる。

という事をご理解頂けましたか?

ハッキリ言って
介護の仕事は副業としてやるには

最高の安定と給料。
そして働きやすさがあると思います。

 
きり
だからといって
適当じゃダメですよ!


今は国の手当ても現状上がる一方なので
大きな収入を見込まなければ

介護職だけで年収500万円くらいは
稼げる時代が来るかな。
とも思います。

とはいえ、どんな時代が来たとしても
行動しなければ何も変わりません。

この記事を読んだから
あなたの人生を豊かにしていきましょう。


※たった5分で最高の環境へ!


 

最新情報をチェックしよう!